スポンサーサイト

Posted by ペペロッチ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモン♀の夢特性集め終了~

Posted by ペペロッチ on   0 comments   0 trackback

c o m p l e t e

♀夢特性集め遂に終わりましたー
いやー長かったわーw
始めたのは11月中ごろぐらいだけど

夢特性手に入れるためにルリテツイベント、隠し穴乱数、そしてPDWと1か月半がんばった!
全部で今の所220匹ぐらいいるらしいというので、(夢特性全体で見るとさらにいるけど)良く集めたなぁと思います。

これからまだ解禁があるかもしれないですが、その時はまた集めりゃいいし、今はまぁ集めきった余韻に浸りましょうd>▽<b

ちなみにPDWに潜る必要が殆ど無くなり、時間のペナルティを気にする必要が無くなったので乱数し放題やで!
孵化乱数するのもいいけど、残ってる固定シンボルとかゲットしたり、ハイリンク乱数に挑戦してみるんもありかな
しばらくはまた対戦と乱数が続きそう

スポンサーサイト

持ってない夢特性一覧

Posted by ペペロッチ on   0 comments   0 trackback

最近夢特性集めを行っている私です。
でもって残りはPDW産の夢特性ポケモンのみとなりました

以下私がまだ持っていない夢特性一覧

追記

コンプリートしました!

ブラックカード作ったよー

Posted by ペペロッチ on   0 comments   0 trackback

ブラックカード
ブラックカード作成!

いやーやっと作れましたw

昨日一晩かけてフェスミッションをやりまくってハイルツリーのブラックとホワイトのレベルを30まで上げました。
正直やり切った感が出ていて現在脱力気味ですw

ブラックカードまでの条件は
シナリオクリアすること
ポケウッドの作品を全て成功エンドにすること
PWT(ポケモンワールドトーナメント)のチャンピオンズトーナメントで優勝 すること
全国図鑑完成させる
ハイルツリーのレベルをブラック・ホワイトそれぞれ30まで上げること
この5つ
です。

シナリオクリア以外どれも時間のかかるものばかりで面倒ですね^^;)
昔からポケモンやってる廃人でもないと完成はほぼ無理でしょう。
廃人でもここまでやる人は稀でしょうがw

ともかくこれでトレーナーカード関係は終りなので後は考察・育成・対戦の繰り返しになります。
ホワイト2にいる固定シンボルの乱数や夢特性のゲットとか残ってますが、それはボチボチやっていくかとw

エメループ成功! ずぶとい5Vラッキー

Posted by ペペロッチ on   0 comments   0 trackback

図太い5Vラッキー個体値図太い5Vラッキー性格

ずぶとい5Vラッキーキタ━━━(゚∀゚)━━━!!

えーはい、エメループ乱数やってました。

いやー一週間近くやったましたがやっと成功しましたわw
中々上手くいかなかったので、ぶーたれながらやってました。

でも続けてみるもんですね!

フレームは 2391 31-4-31-AA-AA-BBを使いました。
エメループやる人にとっては有名なフレームですね。

AA=先親の遺伝個体 BB=後親の遺伝個体

この2391というフレーム、Methodズレが激しいという点でも有名ですが、自分が実際やってみた感じよく分らんかったですw
というのも、卵を受け取っては孵化してFズレを調べてってのを繰り返しやってましたが、Methodズレが起きたのか、ただ単に時間が早かった(あるいは遅かった)だけのかがよく分らんのです。
ぶっちゃけMethodズレが起きたか起きないかの2択というか、2分の1に思えましたw
Methodズレが起きる時は起きるし、起きない時もある。まさに曖昧な感じに。

と言ってもMethodズレが何故起きるのかは未だにハッキリされてませんし、起こさない為の完ぺきな対処法があるわけでもないです。
Methodズレが起きないかもという方法は調べてる時に見つけましたがそれもどうなんだろうなという感じですw

まあ、あれですね。

メソッドズレが起きたらそれはそれで諦めよう しゃーない

めげずにがんばろう(笑)

ちなみに預け親は 先親がメタモン(13024F,(217.06秒),ずぶとい,19-18-26-31-31-3,[氷70])
後親はSがVのラッキーです。
かわらずの石はもちろんメタモンに。

で、2391というフレームですが時間に直すと39.85秒です。
この時間に個体値を決定させるんですが、これがまあ難しい。
エメループの孵化乱数は1Fもズレが許されないため、タイミングがかなりシビアです。
いや、シビアってもんじゃねえ。地獄や!
何が地獄かって、4世代乱数みたいにシードが合ってるかどうかの確認が出来るわけじゃないし、成功してるかどうかは孵化してみないと分らんという。
ついでにラッキーの必要孵化歩数が10240歩とフカマルやダンバルといった600族並の多さなので一回の孵化に約8~10分くらい取られるという。なげぇよ・・・なげぇよ・・・
それでいて1Fのズレも許されない厳しさ。 これを地獄と言わずに何と言うべきか。

何回失敗したかも分らんねwMethodズレだって実際起きました。

で、まあそれでも続けてやっと取ったってわけですw


そんでもって実際の方法なんですが、自分はストップウォッチを使ってやりました。
ストップウォッチ ←これね

よくエメタイマーBIGを使うといいという意見もありますが、自分はストップウォッチで目押ししてやる方が慣れてるのでエメタイマーでは成功させてません。4世代乱数もこれ使いましたしw

まぁ、使った事は使ったんですが、個人的に使い勝手が良かったわけでは無いのでw
ただまぁ、実際これでやって成功させた人もいるんで、自分にあったものであるのが一番ということなんでしょうかねぇ。

んで、そのストップウォッチ使って39.85秒ぴったり当ててやったかというと、そうではありません。
機械じゃあるまいし、人間が手動でやるわけですからどうやったってズレが生じてきます。遅かれ早かれ。
なので実際の時間より早めの時間に個体値を決定させます。(例えば39.80秒とか39.65秒とか)
最初は39.85秒でやって、孵化した結果の個体値が目標より10F遅かった結果だったら気持ち10F分早めてやるって感じですか。逆もまた然り。
そんな感じで微調整してくってのが一般的なやり方ですかね。 ちなみに個体値の調べ方はEmerald1.1というツールとポケモンの館のV判定というものを使ってやりました。

あと、A+B+start+selectの同時押しのリセットからストップウォッチ(エメタイマー)とかいう方法がよくあげられてますが、自分はこの方法ではやってません。
いややったんだけどね、どうにも成功する気がしなかったんですわw

理由はリセット方式でやる方法だとたまに10Fズレた結果が出るとか、やりすぎるとどんどんズレまくってアカンとかという理由が一つ。(ほんとかどうかは定かじゃないけど、10Fズレるという話は多いらしい)
原因はリセットした時の白画面から黒画面に切り替わるまでの時間が一定じゃないから(らしい)
実際やってみると確かに一定じゃなかったかもしれない。

もう一つは指が疲れるからw
ただでさえ、1Fのズレも許されないこのエメループで、そんな指がおかしくなっちゃいそうな事が出来るかぁ!
ということですw
だからこの方法でやってません。


じゃあどうやってやったんだ?ということになりますが、自分なりに色々工夫してみました。

結果、じゃあ4世代みたいな方法でやればいいんじゃないか
という結論に至りました。

どういう事かというと、
メニュー

この画面のGBAカートリッジを選択すると同時にストップウォッチを押すという方法です。
4世代と同じ方法ですね。
ただ、4世代や5世代みたく時間指定は無いのでどのタイミングで押しても問題ないです。
エメループはあくまでフレームのみで見てますから。

でもこれじゃあ39.85秒どころか思いっきり時間オーバーしてるじゃんというわけですが、いいんです。

本来は(おそらくですが)

始まり

この画面になった瞬間からフレームがスタートしてるんだと思います。
でもさっきも書いたように、人間が手動でやるもんなのでぴったり0.00から始めるなんて無理無理。
リセット方式でやるにしても毎回指が手が忙しい。
それでいて成功するかも分らない。尚且つ早い結果でずれたのかも遅い結果でずれたのかも分りにくい。
Methodズレ^q^

はっきり言って面倒ですねw

こうなると一番問題になってくるのが、タイマーを起動させる時間が安定しないという事です。
失敗が多々ある事はエメループをやる時点ですでにわかってる事だからいいとして、起動時間が毎回不安定なのは正直やっていて不安になります。 自分の起動のタイミングが本当に正しいのかと。
事実、私自身やっててそう思いましたからねw せめて起動のタイミングだけでもどうにかならんものかと。

そこで考えたのはさっきも書いた4世代と同じっぽい方法です。
4世代と同じようなタイミングで起動すれば少しはマシになるんじゃないかと。

実際気持ち少し楽になりましたw 慣れた方法でやると違ってくるもんだなとw
まあ、それでも失敗は結構あったんですがねw

じゃあこの方法でやる場合結局何秒に決定させればいいの?ということになります。
結論から言うと約45.35秒ぐらいです。(もちろん人によって変わってきます)
自分はこれを目安に45.35~45.45ぐらいで粘ってやりました。

何故45秒台なのか?理由は・・・
メニュー
ここからストップウォッチとAボタン同時押しし、

GBAロゴ
[GAME BOY]と流れて、

始まり
この黒画面に切り替わる瞬間!

この流れに至るまでの時間が約6.0秒ぐらいだからです。(自分が計った時は6.1秒でしたが)
なので39秒+6秒=45秒

んじゃ45.35~45.45になった理由は?45.85秒じゃないの?
これに関しては・・・分りませんw
何度も言うように人間による手動なので0.1~0.3秒ぐらいの誤差は生じてきます。
さらに約6.0秒と書きましたが実際はもう0.1~0.2秒ぐらい早い時間なのかもしれません。(正確に計ったわけじゃないので^^;)
なのでそれらを考慮した場合で考えて45.35~45.45ぐらいなのかもしれません。
その辺は何度かやって微調整して、「大体こんな感じかな」って決めてくしかないかもw

ちなみに自分は45、39秒(ストップウォッチ)で成功しました。 ぶっちゃけ偶然としか(ry

要は、39.85秒に個体値決定させればいいんです。
その為に自分のやりやすい方法でやればいいんではないかなとw
私はこの方法がしっくりくる感じでしたのでこの方法でやりました。

まあ、エメループで苦戦してる人がいましたらこんな方法も試してみてはいかがでしょうか。
ストップウォッチによる目押しが得意な人はいいかもしれませんねw

っと、大分グダグダと書きましたがこんな感じでw
基本的な孵化乱数自体は別の人がブログに書いていたりしてるので、孵化乱数自体の流れを知りたい人は各自で調べてくだしあー

久しぶりに更新~約1年半ぶり~

Posted by ペペロッチ on   0 comments   0 trackback

久しぶりに更新しました。
就職してから更新していこうと思ったけど、できてません。(オイ

正直何時になるのか分らんのでもう更新しちゃいます。

つっても大して変化のある日常でもないので、ポケモン関係の考察とか、そういうのを中心にやってこうかなと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。